介護施設を開業する為に必要な事

介護施設の開業には何が必要か

  • トップ /
  • 介護施設の開業には何が必要か

LINEで送る

介護保険が使える施設

介護保険が適用できる施設は、在宅型と入所型の2つがあります。在宅型には、ヘルパーを自宅に派遣する訪問介護事業所をはじめ、利用者が通所して1日を過ごすデイサービスやリハビリに特化したケアデイサービス、短期間生活ができるショートステイなどがあります。在宅型には、認知症の方に対応したグループホームや特別養護老人ホームなどのほか、医療型施設があり、それぞれ開業には、法人であることが必要です。介護老人保険施設と医療型の場合には医療法人、特別養護老人ホームでは福祉法人であることと、医療法人の場合には代表者が医師免許を持つ医師でなくてはいけません。介護施設の開業となると適切な用地が必要となり、古民家などを利用することも可能ですがそれ相応に莫大な資金が必要となります。個人で開業する場合には、居宅介護支援事業所であれば比較的コストをかけずに開業できるでしょう。この事業所は、適切なサービスを受けられるよう支援する事業所で利用者とその家族との要望を聞きながら、その方にあったケアプランの作成と見直しのほか、関係箇所との連絡などを行ないます。ケアマネージャーの資格を持っていれば、施設を作ることなく自宅でひとりで開業することが可能です。

 

↑PAGE TOP