介護ビジネスの開業

介護ビジネスの開業ラッシュ

  • トップ /
  • 介護ビジネスの開業ラッシュ

LINEで送る

今こそ求められる介護施設

公的な機関の調査でも、今後は少子高齢化が進み、人口減少に歯止めがかからないことは明白で、増え続ける後期高齢者を支える施設は、常時不足している状態が続いています。行政が運営する特別養護老人ホームや、民間が運営している施設も含めて、いくつもの施設に応募しても入所を断られ、順番待ちをしなければならなくなった対象者が続出し、待機老人という言葉も、生み出されてしまった程です。そのような情勢を大きなチャンスと捉え、介護ビジネスを開業する企業や個人が増えています。基本的な施設すら設置されていない市町村は、日本全国に数多く存在し、立地条件によっては、介護施設を開業すれば、即応募者が殺到する状況も予想されると同時に、国家戦略特区や、市町村が独自に定めた条例、支援策等によって、補助金が支給されたり、税制が優遇されるケースもあるため、ビジネスとしても、早期に初期コストが回収できたり、スタートアップの資金を確保できる可能性があるのも、大きなメリットです。そして何より、今後、我が国が抱える社会問題の解決へ貢献できるのと同時に、人材の育成や雇用によって、立地した地元へも還元する事ができる、やりがいのある業種としても、介護ビジネスの開業が注目されています。

 

↑PAGE TOP